スマートフォンサイトを表示する

恩賜賞・日本芸術院賞

  • ホーム
  • 恩賜賞・日本芸術院賞
  • 賞の概要

賞の概要

日本芸術院では,会員以外の者で,卓越した芸術作品と認められるものを制作した者及び芸術の進歩に貢献する顕著な業績があると認められる者に対して,毎年,恩賜賞と日本芸術院賞を授与しています。
日本芸術院賞は,昭和16年から戦中,戦後の一時期を除いて毎年授与しており,平成27年度において第72回を数えています。
恩賜賞は日本芸術院賞を受賞した者の中から特に選ばれて贈られる賞です。
恩賜賞には賜品が,日本芸術院賞には賞状,賞牌,賞金が贈られます。
平成27年度恩賜賞・日本芸術院賞の授賞式は,天皇皇后両陛下の行幸啓を仰ぎ,平成28年6月13日に挙行されました。

直近の授賞式写真

  • 式典風景 写真
    式典風景
  • 授賞者等 写真
    授賞者等
  • 授賞者関連作品展示 写真
    授賞者関連作品展示

授賞式詳細

平成27年度(第72回) 平成28年6月13日

専門 氏名 ふりがな 授賞理由
第一部 恩賜賞・日本芸術院賞 日本画 後藤 純男 ごとう すみお 日本画「大和の雪」に対し
第一部 日本芸術院賞 彫塑 山田 朝彦 やまだ ともひこ 彫塑「朝の響き」に対し
第一部 日本芸術院賞 工芸 春山 文典 はるやま ふみのり 工芸「宙の河」に対し
第二部 恩賜賞・日本芸術院賞 小説 辻原 登 つじはら のぼる 小説を中心とする多年にわたる文学的業績に対し
第二部 日本芸術院賞 詩歌
(俳句)
宇多 喜代子 うだ きよこ 長年にわたる俳界における実作・評論の業績に対し
第三部 恩賜賞・日本芸術院賞 歌舞伎 坂東 玉三郎 ばんどう たまさぶろう 歌舞伎女形を代表する活躍及び演技の成果に対し
第三部 日本芸術院賞 能楽 髙橋 章 たかはし あきら 能楽における優れた舞台成果と後進育成の業績に対し
第三部 日本芸術院賞 歌舞伎 中村 歌六 なかむら かろく 歌舞伎脇役において深く掘り下げる芸風に対し
第三部 日本芸術院賞 舞踊 中村 梅彌 なかむら うめや 日本舞踊における優れた作舞,後進育成の業績に対し

歴代の授賞者を見る

ページの先頭へ

Copyright © 2015- The Japan Art Academy. All Rights Reserved.